公益財団法人自動車情報利活用促進協会は自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の利用促進を目的とした協会です

公益財団法人 自動車情報利活用促進協会

個人情報保護基本方針


プライバシーマーク個人情報保護基本方針

平成28年8月1日制定
公益財団法人自動車情報利活用促進協会
理事長 橋本一豊


公益財団法人自動車情報利活用促進協会(以下「本協会」という。)は、OSS申請共同利用システムの構築・運用に関する事業を実施することにより、OSSの利用促進等の環境整備に寄与しています。 本協会は、情報資産を取扱う事業者として、お客様をはじめ、業務上使用する全ての個人情報を適切に保護するため、以下の方針に基づき、個人情報の保護対策を徹底いたします。

1.基本方針
本協会の業務に従事する者は、個人情報が重要な資産であること、及び個人情報保護が本協会にとって重要な業務であることを認識しなければならない。また、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、個人情報を正確かつ安全に取り扱わなければならない。

2.個人情報保護マネジメントシステムの目的
(1)個人情報の保護に関する方針を定め、適切に運用することを目的とする。
(2)個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん等から保護するための具体的なルールを定めることを目的とする。

3.個人情報保護に対する本協会の取組み
基本方針を確実に実行するために、本協会は以下の活動を積極的に推進していく。
(1)役員及び職員(非常勤職員を含む。以下同じ)は、個人情報保護に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守する。
(2)個人情報保護活動に関し責任を有する個人情報保護最高管理者を指名し、個人情報保護の体制を整備・維持する。
(3)役員及び職員に対して、個人情報保護に関する教育を定期的に実施する。
(4)苦情・相談に関して、個人情報保護苦情・相談窓口責任者を指名し、体制を整備・維持する。
(5)個人情報保護監査責任者を選任し、定期的に個人情報保護の取組み状況を監査する。
(6)本基本方針は、本協会のホームページ等に掲載することにより、閲覧可能な状態とする。
(7)個人情報保護マネジメントシステムは継続的に検証し、改善する。

4.個人情報の取扱い
(1)個人情報の取得、利用、提供について
本協会は、個人情報を取得、利用及び提供する場合、本協会の正当な事業の範囲内で取得、利用、提供の目的を明確に定め、目的外使用をしないよう規程に定め適切に取扱う。
(2)安全対策の実施
本協会は、個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん、滅失又はき損の防止及び是正するため、本協会の規程を整備し、安全対策を確実に実施する。
(3)個人情報に関する開示等の要望及び苦情・相談等の問い合わせ先

個人情報保護苦情・相談窓口
TEL:03-5357-1317
email:info@aina.or.jp