公益財団法人自動車情報利活用促進協会は自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の利用促進を目的とした協会です

公益財団法人 自動車情報利活用促進協会

理事長挨拶

 私共、公益財団法人自動車情報利活用促進協会は、政府が推進する自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)において、大量の申請を行う方が誰でも利用できるOSS申請共同利用システム(AINAS)を構築・運用することを目的として、平成27年3月30日に一般財団法人として設立し、その後、同年9月30日に内閣府より公益認定を受けて現在に至っております。

 近年、自動車業界を取り巻く環境は変化しており、特定整備など高度化する車両技術への対応や整備士不足、若年層の自動車離れなど課題が山積みとなっております。また、災害や新型コロナウィルスなどの不確実性が増す中で、改めて自動車検査登録のあり方が問われております。これらに対応するためには生産性や効率性を高めることが重要であり、OSSはその実現に貢献できると考えます。申請事務負担を軽減し、本来業務への時間と人材を投入することができれば働き方改革にも繋がります。また、2023年に予定されている車検証の電子化も負担軽減に向けた大きな原動力になる確信がございます。

 OSS申請の利用件数は、新車新規登録や継続検査を中心に着実に拡大傾向にあり、自動車業界の大きな変革期においてOSS申請はその重要性を増してきております。当協会は、OSS申請システムであるAINASを提供することを通じて、OSS申請に係わる利用者の費用・負担を大幅に削減することにより、自動車ユーザーの利便性の向上やOSSの利用促進等に寄与することを目指しております。

 私共は、引き続きAINASの安定稼働に努めるとともに、自動車業界の皆様への啓発活動や、利用者の更なる申請業務の効率化のための調査研究を行い、ご利用の皆様の期待に一層応えて参る所存でおりますので、今後ともご理解とご協力をお願い申し上げます。



公益財団法人自動車情報利活用促進協会 理事長 橋本一豊